「ソニマニ・サマソニ観戦記〜本当に地蔵はいたのか〜Part5」

〜SMASHINHG PUMPKINS〜

始まって30分位過ぎてから入場。スルスルとフロントエリアに進むといるわいるわ”ミスチル地蔵”。パタパタと扇子を扇ぎながら棒立ちしているマダムやフラワークラウンをつけている絵に描いたような森ガールなどなどがフロントエリアに密集し一切体を揺らそうともしていない!更にその前方には熱烈なスマパンが逆ギレに近いぐらいの盛り上がりをしている状況で何とも言えない気持ちに。そんな様子を見かねたビリーがMCで「スタンドー盛り上がってるかー?」(シーーーン)「聞こえてないみたいだな。彼らはX JAPANでも聴いてるのかい?ハハハ(苦笑)スタンドに居る人たちは俺たちの演奏に興味ないそうだからとっとと終わらせたいところだけどギターがまだ何曲か演りたいみたいだから続けるよ。(持ち時間30分以上残っている)」と笑えない自虐を始めたのだが大半のミスチルファンがポカン!アンセム「today」も今ひとつ盛り上がらずただただ会場に気まずい空気が流れるばかり。そこでさらにビリーが「初めて東京に来てから21年。良い事悪い事色々あったけど今回はSoso timesだよ。俺ももう46だから今回が最後の(日本での)ライブになるかな?」と投げかけると最前のスマパンファンが本気で焦って「NO!! NO!! Please!!」と必死のアピールでビリーの機嫌をとらなければならないはめに!またしてもミスチルファンはポカン!!全スマパンファンが「ミスチル地蔵のせいで、、、」と本気で怒っても仕方が無い程の状況に唖然としながらもスマパンの演奏自体は冷静そのものであり職人仕事のような安定感。ラストの「United States」ではゴリゴリのノイズを見事に叩き付けただけに今回の地蔵問題は本当に残念であり、機会があればもう一度観たい。


The Smashing Pumpkins - Tonight, Tonight - YouTube

Mr.children

スマパン演奏中から徐々に増えだした観客も開演直前にはMARINE STAGE入場制限の大入り満員までに。

f:id:yinnocent5680:20130811165438j:plain

f:id:yinnocent5680:20130811165530j:plain

いざ開演となり、メンバーがステージに現れるとさっきまで不動を貫いていた地蔵達が一斉に前方へ向かってダッシュ!「お前らは一体何なんだ!!」と考えられる限りの呪詛が脳裏に浮かんだところで

ジャカジャーーン

と「名もなき詩」からスタート!Aメロからスタジアム全体で大合唱となり、これぞスタジアムバンドの強みを見せつける出だし。先ほどまで浮かんでいた「ミスチル地蔵」に対する呪詛も吹き飛び、一緒に大声で歌いまくってしまった。元々自分が音楽に傾倒するきっかけはミスチルなので、ミスチルとの出会いが無ければサマソニに来る事も無かったのかもしれないと気づくと不覚にも胸が熱くなり、自然と歌う声も大きくなるのであった。

(以下は演奏各曲ごとの所感)

<NOT FOUND>

SENSE verのアレンジ。既に「名もなき詩」で感情が高ぶったところにこの曲が来た事でテンションはMAX!桜井さんの声も絶好調で裏声もきれいに通り、1〜2曲目で順調な流れを作れてたと思う。

<World's end>

アルバム曲で前2曲と比べて知名度が低いため(それでも一応ミリオンアルバムのリード曲)ここで会場のテンションが少し下がってしまった印象。ラストの大サビでいきなりマイクが故障して声が入らない状態になるがすぐにマイク交換し事なきを得る。

<MC>

いつも通りのハイテンションで「Mr.childrenでぇす!!イエイ!!」「今日初めて”ミスチル”の音楽を聴くという人たちにも届く演奏をしたいと思います!」桜井さんが自分たちを”ミスチル”と呼ぶ珍しいケース。

<GIFT>

発売当初は好きだったけどライブでの演奏を経るごとに若干宗教臭くなってきてしまった曲。前方のファン達が歌いだしから手を振り出して若干テンションが冷めてしまった。明らかなミスチルファンを除いた人たちのノリ方を観てるとどうやら肉骨BESTぐらいまでは聴いていたがミクマクBESTの曲はあまり知らないという人が多数のよう。

<彩り>

ap bank fesでの初披露から既に7年(!)経ってしまったのか。。。」と時の早さを実感しながら「どんな彩りも『ブラック』の中じゃ意味ないよな。。。」と思い浮かべていた。「ただいま」「おかえり」のくだりはなし!正しい!

<ポケットカスタネット>

2曲続けてHOMEアルバム曲。今回演奏された曲の中では最もマイナーなためどうなるかと思ったが、開演後の盛り上がりも一段落した会場で聴くにはちょうど心地よい塩梅。目玉であるラストのJENのドラムを生で観れたので満足。

<REM>

イントロで会場から歓声が上がり、それに手拍子も加わる盛り上がりっぷり。「手拍子するような曲ではないだろ。。」と若干違和感もありつつ聴いていたが、サビのキーの高さに桜井さんも一苦労のようでとにかく苦しそうだった。

<ニシエヒガシエ>

「他に引き出しは無いのか!?」と突っ込んでしまいたくなるが、ミスチルの中ではギターが前面にでる数少ない曲なのでそれなりに盛り上がってはいた。最初に「名もなき詩」で「愛はきっと奪うでも〜」と歌った後で「愛だ恋だとぬかしたって〜」とさらっと歌ってしまう桜井さんに業の深さを感じてしまった。

<フェイク>

ライブでのマンネリ曲ランキングのトップを「ニシヘヒガシエ」と争う曲。新鮮さのかけらも無いため適当に聴いていたら機材トラブルでスピーカーが無音状態に!メンバーはイヤモニをしながらの演奏のためしばらく事態に気づいていなかったが、観客の様子を見て急遽桜井さんがメンバーの演奏を止める事に。すぐに復旧し、桜井さんも「トラブル大好きです!正直みんな今日の暑さでダレてたでしょ?(笑)僕もそう(笑)もう一度頭からやります!」と笑顔で話し、再びイントロからスタート!「レゲエかっ!」と思ったがトラブルを乗り越え会場の一体感がより増す事に。しかしこのあたりからスタジアム上空で雷が鳴りだし、ステージ越しに稲光が見える状況でとてもじゃないが曲に集中できなくなってしまった!

<終わりなき旅>

前曲終わりからそのまま原曲通りのイントロという感動的な展開なのにステージ越しには稲光がピカピカ見えてしまい全く曲に入り込めない!!雷が光るたびに「今光ったよね!?」と観客同士が顔を見合わせる中、全く雷に気づいていない(多分)メンバーの迫真の演奏は続く!ラストの大サビの頃には雷も小康状態に入ったため、改めて会場全体で大合唱!

<fanfare>

原曲よりキーを落としたSENSE ver。ワンピース効果の為か結構盛り上がっていた。正直特に印象は無い

<innocent world>

ラストはinnocennt world大合唱でシメ!ppphの手拍子もバッチリで見事大団円を迎えられていたと思う。


Mr.Children「REM」Music Video - YouTube

〜MUSE〜

ミスチル終わりで人がごっそり抜けたため、かなり前の方で観る事に。先日の来日公演では持ち前の巨大セットを駆使した一大ワンマンショーを繰り広げていたがサマソニではそれらを持ち込む事は出来ず、特効は超噴出スモークやレーザービームとロボットぐらいといった縮小版になってしまった感は否めない(それでも十分派手なんだけど)。驚かされたのはそういった演出はもちろんのこと、非常に高い音圧である。特に低音域の響きが桁違い。そんな爆音で「Supremacy」〜「Supermassive Black Hole」〜「Panic Station」をくらってしまったスタジアムは年齢を問わない大盛り上がりで近くに居た妙齢のおばさまもぴょんぴょん跳ねて踊りまくっている始末。後半に置かれる事が多い「Plug in Baby」が序盤に披露されたり、続く「Follow Me」では前述した超噴出スモークと大量のレーザービームで超満員のMARINE STAGEを包み込む圧巻のパフォーマンスを見せる充実した内容だった(マシューがやたらケツ振ってたのが印象的)。


Muse - Supremacy (Official Video) - YouTube

〜まとめ〜

5回に分けて観戦記を書かなければならない程充実した内容だった今年のソニマニ&サマソニ。サブタイトルに書いた「地蔵は本当にいたのか」の問いに対しては「確かに居た」と自信を持って言える。今回のミスチル周りのブッキングやタイムテーブルの組み方がベストだったとは口がさけても言えないが、ロッキンでのBUMPの時にも感じた「フェスにおける地蔵問題」が一般的な音楽ファンにも広く知られる良い機会になったとは思う。

終わって2週間経つが、もう既に来年のサマソニが楽しみである。

f:id:yinnocent5680:20130825204527j:plain