少なくとも俺はこんな未来望んでない『STAND BY ME ドラえもん』

f:id:yinnocent5680:20140824212551j:plain

映画『STAND BY ME ドラえもん』予告編 - YouTube

「アツイ!ヤバイ!間違いない!山崎メソッド!(©宇多丸)」による最新作『STAND BY ME ドラえもん』を観た。

『ドラ泣きしませんか?』『全ての子供経験者の皆さんへ』といったキャッチコピーの時点でかなり胸はざわついていたが、公開後巻き起こった原作ファンからの酷評を見て「これは劇場で見届けなければなるまい」と決意して観賞した。

個人的なドラえもん遍歴を簡単に説明しておくと、子供の頃は金曜日は毎週欠かさずアニメを見ていたし、児童館に置かれていたてんとう虫コミックスも全巻読んだ記憶がある。また、当時放送していた『ウッチャンナンチャン炎のチャレンジャー』の『ドラえもんクイズ100問できたら100万円』に出るためにひみつ道具百科本やキャラ別特集本を読みあさったこともあった。なので本作も予告編を見て原作のどの話を組み合わせているのかは大体分かるぐらいの知識量は持ち合わせているつもりだ。

山崎・八木共同監督としては本作が2作目で、一作目は2012年に公開された『friends もののけ島のナキ』。こちらは浜田広介原作『泣いた赤鬼』を元にアレンジしたファミリーファンタジー映画。


『friends もののけ島のナキ』予告 - YouTube

内容を一言でまとめるなら『泣いた赤鬼』×『モンスターズインク』で、こちらも『泣ける』を前面に押し出した宣伝作りだった。また、山崎監督作で遡れば『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を原作とした『BALLAD 名もなき恋の歌』のように、世間で一定の評価を既に得ている作品に山崎監督の考える「泣ける要素」を付け足す手法が一種の「山崎メソッド」と呼ばれている所以だろう。

というわけで肝心に『SBM ドラえもん』だが、原作のエピソード7話分を90分で一つのストーリーにまとめ上げる作りとなっている。話の流れをおおまかにまとめると、<ドラえもんとの出会い>→<ひみつ道具のドタバタ>→<のび太としずかちゃんの結婚>→<ドラえもんとの別れ>といった構成なのだがこの時点でかなり無理が出てきている。そもそも、原作は1話完結の日常ジャンルであるため基本的には話ごとで設定が毎回リセットされる。だが、本作だと全てのエピソードが地続きとなってしまう為齟齬がかなり発生している。それが顕著となるのが、『雪山のロマンス』でのタイムループ(?)設定だ。要するに大人のび太は子供のび太のピンチを記憶しているからいざというときに助けにきてくれるというもの。この設定を一度出してしまったが故にそれ以降ののび太の行動に緊張感が無くなる上に、”現在の行動の積み重ねがしずかちゃんとの結婚を左右する”という命題も説得力を無くすように感じられた。

ストーリー上の問題点は多々有るがここで留めておきたい。なぜなら、本作がここまで一部で強い怒りを呼び起こしているのは単なる脚本の問題ではなく、数えきれない程の”設定改変”によるものだからである。

第一に「成し遂げプログラム」設定である。この設定の問題点については既に多くの指摘がなされているので説明は省くが、「のび太に真っ当な人生を歩ませる」という命題をセワシによって強制され嫌々ながらのび太の面倒をみるドラえもんなどドラえもんではなく只の青色狸ロボットでしかない。他人に強制された善意の気持ち悪さとはこのことだ。

第二にあまりに過剰な企業広告。以前からTOYOTAの『実写版ドラえもん』CMが物議を醸していたが、本作ではご丁寧にも未来のび太の声は妻夫木聡が担当している。*1そして大人のび太の愛車にはデカデカとTOYOTAのエンブレム!そして大人のび太が住む約20年後の練馬区は車が空を飛び交いTOYOTA,パナソニック,森ビル,グリコの高層ビルが乱立する謎の大都市に変貌していた!裏山や空き地が有る長閑な街が一人の子供が大人になるわずかな期間でここまで発展するのはどう考えてもディストピアSF!原作では大人のび太の時代とセワシの時代はちゃんと描き分けられており、大人のびたの街は現代2014年の風景に近いため、制作者が完全に大人のび太セワシの時代を混同している様にしか思えない。企業広告の話に戻るが、原作の人気ポイントとしてパロディネタがよく上げられる。『コケコーラ』や『アカンベーダー』といったあまりに馬鹿馬鹿しいパロディこそが持ち味だったのに、実在の企業名がこれでもかと映画館の大画面に映し出される姿を見て何を思えというのか。そんなこと思ってたらこんなCMまで作られてて絶句。ここまできたらホラーだよ。


ドラえもん 3D映画 完成披露試写会 CM [STAND BY ME ドラえもん]完成披露 ...

 

*1:のびた以外は現代も未来も同じ声優が担当。唯一のび太だけが大人の自分と子供の自分が会話するといえども雑過ぎる。