読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014 映画ベスト20 11位〜20位 そして私は映画を観る

20位 『RUSH』

f:id:yinnocent5680:20141227151818j:plain

 正直ロン・ハワードはどちらかというと苦手な部類だったけど、今回はあの手堅過ぎる演出と「性格真反対のトップレーサー同士のぶつかり合い」というシンプルなテーマが上手く噛み合ったことで一切無駄のない骨太な作品に仕上がっていてとても良かった。演出を間違えれば大半の観客がシラけてしまうだろう、ラストにラウダのする決断も何故彼がその選択をしたのかがしっかりと腑に落ち、そして感動に昇華させる手腕は流石というべき。

19位 『プリズナーズ

f:id:yinnocent5680:20141227151808j:plain

 「ドゥニ・ヴィルヌーヴ✖︎ジェイク・ギレンホール」だと『複製された男』よりこっちの方が自分は好み。雪景色の中での狩猟をロングで画面いっぱいに映し出すオープニングショットを始めとするロジャー・ディーキンスの冷たく美しい画作りが、静かに狂ったサスペンスと共に2時間半楽しめるんだから大満足。

18位 『Seventh Code』

f:id:yinnocent5680:20141227151757j:plain

 前田敦子という人物の「何を考えているのかわからない」不気味さを、黒沢清がフルに活かした怪作。後半15分のどんでん返しに次ぐどんでん返しの果てに迎えるエンドロールで映し出される前田敦子の美しさは必見。正直映画というよりは「60分間のミュージックビデオ」と言ったほうが妥当かも。

17位 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

f:id:yinnocent5680:20141227151745j:plain

 中途半端な身内って本っっ当にクソだよな!

16位 『キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー』

f:id:yinnocent5680:20141227151732j:plain

 70年代ポリティカル・スリラーを2014年の最新技術でブラッシュアップした傑作。MCU上でもターニングポイントとなる重要作ということでストーリー自体も面白いのに加えて、『フレンチ・コネクション』『ヒート』オマージュのカーチェイス、アクションシーンや、マーベル作品が持つユーモア要素をバランス良く練りこんだ脚本、演出が素晴らしい。高速→公道の銃撃戦やSHIELD本部からの脱走シークエンスとか最高でしょ!

15位 『フューリー』

f:id:yinnocent5680:20141227151723j:plain

 アメリカの鼻垂れ坊主がドイツで戦闘マシーンになるまでの2日間をお得意のグロテスク&バイオレンスで描いたデヴィット・エアーの作風丸出しの一本。『サボタージュ』が連続殺人という、どちらかというと劇的というか作られたグロテスクさだったのに対して、戦場で淡々と殺されていく兵士たちをウェットさを排除した乾いた視点で描いている本作の方が好み。

14位 『6才のボクが、大人になるまで。』

f:id:yinnocent5680:20141227151713j:plain

 「人生に伏線も要点もない」というテーマを映画で表現するとこうなるのかと唸らされた。散々親の問題に振り回されてきた主人公がようやく自分で人生の選択を行えるようになった姿は唯々美しかった。あと序盤のイーサン・ホークのハイテンションっぷりが火曜サプライズ柳沢慎吾にしか見えなかった。

13位 『紙の月』

f:id:yinnocent5680:20141227151704j:plain

 冷たい空の色や「夫からの電話とプリンターの故障の間で取り乱す」シーン*1はフィンチャーっぽいなと思った。小林聡美のTHE局感も最高だし、何よりラストの急展開はとにかく気持ちがいい。最高のアンチヒーロー映画だよ。「一緒に来ます?」

12位 『そこのみにて光り輝く』

f:id:yinnocent5680:20141227151649j:plain

 函館を舞台にしたニューシネマというべきか。ある過去から自責の念に囚われ、どん底にいた男が擬似家族の中に一瞬でも見た光が再び消えていく中でどうにか再生の予感を掴むまでの姿を演じきった綾野剛はもちろん、登場人物それぞれが背負う過去を説得力と共ににじませる俳優陣の演技が素晴らしい。ジンギスカン食べたい。

11位 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

f:id:yinnocent5680:20141227151638j:plain

 「どうして戦争は無くならないのか?」という問題に対して、途中式を省くことなく誠実かつ丁寧な解答を提示したという点で評価したい。戦争を望む者が一度引き金を引いてしまったことで、後戻りできない雪だるま式に戦いが激しさを増す様子をマット・リーブスお得意のPOV、長回しでこれでもかと見せつける大迫力の映像は映画館でこそ味わうべき。

*1:ソーシャル・ネットワーク』でエドゥアルドがザッカーバーグからの電話と燃えるゴミ箱の間で取り乱すシーン