読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のリリスク

 土日のリリスク大阪・名古屋ワンマンを見て思ったことをつらつらと書きます。

 前回6月の名古屋ワンマンでは昼のリリイベを体調不良で欠席したyumiが夜のワンマンで復活して盛り上がったのが懐かしく思えるぐらいこの半年でリリスクは変わってきた。6人フォーメーションが夏ごろから5人フォーメーションになったり、歌のパートもかなり変わった。yumiが欠席した前回の名古屋リリイベでは『FRESH!!!』サビ前のバットスイングの振りがmeiに代わっているのを見て「代打mei」と面白がっていたけれど今ではレギュラーでバットを振っているし、服装の前後ろはayakaに指摘されている。

 もっと言えばこの1年の間にhinaの卒業そして長年マネージャー&バックDJとしてメンバーを支えてきた岩渕さんの離脱などhimeの加入&キングレコードからのメジャーデビューの影で大きな困難にぶつかってきた1年だった。

 その苦労の中でもコンスタントにシングル3枚アルバム1枚をリリースし、年末に向けて全国ツアーに挑むメンバーへの負担は肉体的にも精神的にも大きかったはずだが、それでもメンバーの顔から苦労の色が浮かぶことはなかった。だからこそヘッズの中には「あ、俺いなくてもメンバー大丈夫じゃん。」と思って現場から足が離れてしまったヘッズも少なくなかったと思う。

 最近でも『guidebook』楽曲の作品的評価についてTL上で絶賛が相次ぐのに対して実際の動員に結びつかない皮肉さに個人的にヤキモキしつつ、これこそが今のリリスクにとって最大の弱点だと勝手に思っていた。

 そんな状況での全国ツアー。ツアー初日は以前ブログで書いたように、定番曲をあえて外した『guidebook』楽曲正面突破セットリストで盛り上げた素晴らしいライブだった。札幌は観られなかったので何とも言えないが3か所目大阪ではまた違う構成で攻めてきた。

 yumiとhinaの不在を改めて実感した『ゆめであいたいね』だったり、『格好悪いふられ方-リリスクの場合-』ではayakaの目に涙が浮かぶなど胸に迫る場面が多かった序盤に対して、後半はバックDJ浅野君が大活躍。岩渕さんが積極的に組み込んでいた『リボンをきゅっと』→『PARADE』のブレイク繋ぎを踏襲したりアンコールでは自らマイクパフォーマンスで会場を盛り上げようとしたりとメンバーを後ろからガンガン支える頼もしさ、そしてヘッズからの愛され方が楽しかった。

 そしてツアー4か所目の名古屋。土地柄、東西ヘッズが遠征しやすい中間点ということでご無沙汰ヘッズもかなり来場していたり、ライブ前にはヘッズ会が開かれたりと開演前から盛り上がる空気づくりがバッチリだった。1曲目からガンガン盛り上がるぞ!と息を巻いていたらまさかの『しってる/しらない』

君は私の事

わたしが知ってるほど

知らないのつまんない

いやだよつまんない

 今の自分がリリスクのことをどれだけ理解できているのか反芻し、自分の想像力の無さにただ打ちひしがれた。あえて1曲目にこの曲を持ってきた意味を知りたい。

 続く『もし』→『CAR』の繋ぎに驚かされたらまさかの『わらって.net』。フリ無しで残念だと思ったらヘッズがフリコピで応じる対応力。ここから会場のテンションがおかしくなってきた。『恋わずわず』では声がバンバン飛ぶわ『プチャヘンザ!』ではかなりのケチャ圧縮が派生するわで大盛り上がり。『Maybe Love』は言わずもがなのコール&ジャンプで沸くヘッズ。『Kiss Me』でのメンバー同士のからかい合いも見ていて楽しかった!

 ここまでならいわゆる”とても盛り上がったライブ”でおしまいだが本編ラストブロックがとんでもなかった。『ワンダーグラウンド』から『マジックアワー』までリリース順の披露にヘッズがひたすら沸く!『ワンダーグラウンド』イントロのMIXやサビ前のオイオイコールの声量がいつものライブとは比べ物にならないし、少しでもコールやMIXを入れる隙さえあれば各ヘッズが好き勝手にブッこみそれにほかのヘッズが乗っかる盛り上がり方!負けじとメンバーも積極的に煽り更にヘッズが応える。『サマーファンデーション』では各パートで推しジャンが発生したり『マジックアワー』の「オレモー!!」コールは今年一。そして締めはもちろん『ラストソング』。

 1stAL『CITY』の『しってる/しらない』から最新AL『guidebook』シングル曲&『ラストソング』へ綺麗に線がつながった最高のセットリスト。それら楽曲を素晴らしく魅せきったメンバー。そして心の底から楽しみ盛り上がったヘッズに強く心を打たれた。こんなに充実したライブを1分1秒でも長く観ていたいと心の底から思えた。

 この1年でリリスクは変わってしまったのかもしれないけど自分は最新のリリスクをまだまだ見ていたい。ライブでのメンバーの姿やそれを見てヘッズでキャッキャッはしゃげる今のリリスクが大好きだ。今回の名古屋ワンマンのような盛り上がりをファイナルのZepp Tokyoでもしてみたい。今のリリスクに少しでも素晴らしい景色を見せてあげたい。